FC2ブログ

記事一覧

三剣士ふたたび / Reunion of The Three Swordsman

平成26年12月6日(土) / Saturday, December 6th 2014

Rさん、Takさん、そして久しぶりにTomさんが参加されました!!

折角、久々に来て頂いたのに申し訳なかったのですが、この日はどこの施設も一杯でいつもの半分しか稽古時間を確保できませんでした・・・
それでも皆さん、熱心に参加して下さり、とても有難く思っています(^^)

時間が短かったので、時間配分にちょっとだけ悩んだのですが、結局基本稽古の時間もしっかり取りました。
最近ある事情から急ぎ足で手数をお伝えしましたが、やはり大事な理が身に付かなければ、本当の稽古になりません。

立姿勢、正座の座法、そこからの立ち方、歩法。
重力に支えられ、力みを捨てること。
呼吸と共に動くこと。
皆さん、徐々に上達されています。

大石神影流の構え、素振り。
肚を中心に呼吸とともに動く。

ゆっくりと、自分の体の状態を繊細に感じながら稽古することが肝要です。
いまの自分の動きやすい速さ、動きたい速さで動いては稽古になりません。
ダメな部分を感じ、見つけ、捨てることが無理無駄の無い動きに至るための道です。

次は手数の稽古。
さぁ、ぽんぽん行きますよー(笑)と若干のプレッシャーを掛けつつ始めたのですが・・・
相手の剣を受ける動きで皆さんつまづいてしまいました(^^;

どうやら鎬で受ける、というのが難しいようで、程度の差はあるのですが刃で受けてしまっています。
肩ないし肘から先の操作で剣を上げようとするため、巻き込むような感じになって刃が横を向いてしまうのが原因です。
肚から切先までの繋がりを感じながら、肚を中心として剣が動くよう工夫を重ねれば良くなると思います。

ヒントです。
中段に構えたときは刃は前、鎬は横を向いているのだから、ただ上げるだけで良いんです(^^)
まぁ、この「ただ~するだけ」という動きが今までの日常の動きとは異質だったりするのですが。

大石神影流の特徴たる「張る」動きのためにも「鎬で受ける」のは必須要件です。
よくよく工夫して体得して頂きたいと思います。


時間が短かったので、お教えしてある手数すべての稽古はできず、何本か抜粋して稽古しました。

Oishi_Shinkage-ryu_kenjutsu_Kan_ou-kan_20141206

さて、来週はいつも通りの時間です。
見学・体験、大歓迎です!!
ご希望の方はお問合わせフォームからご連絡ください(^^)

********************
「古武道」っていうと、
お年寄りのもの、男性のもの、厳格で敷居が高いもの・・・というイメージを持ってはいませんか?
貫汪館 名古屋西支部では、若い指導者のもと、明るく楽しい道場を目指しています(^^)

年齢、性別は問いません。 武道・スポーツの経験も要りません。
好みや体力に合わせて基礎から学べます!!

ただいま会員募集中!!
剣術、小太刀、二刀流、抜刀術、棒術、薙刀など多彩な武術を稽古できます!!

まずはお問合わせフォームからお気軽にご連絡ください!!
********************

プロフィール

貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

Author:貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

名古屋で江戸時代から伝わる居合・剣術・柔術を稽古しています。

若い指導者が活気ある道場を目指して指導しています!!

【会員募集中】

【武道未経験者 大歓迎】


Blog of Japanese Kobudo dojo at Nagoya. We practice Iaijutsu, Kenjutsu and Jujutsu which have been succeeded from Edo era.

Accepting new members!!

▽ホームページ / Web site▽
kanoukannagoyanishi.web.fc2.com

Twitter Twitter
Instagram Instagram
Facebook Facebook