FC2ブログ

記事一覧

甘さ

先日、本部の講習会で師に指導して頂いて感じたのは、とにかく己の認識の甘さでした。

普段の稽古で力まず、最小限の力で、無理無駄なく、としているつもりでも、いつの間にかその基準が甘くなってしまっているのです。

立っていても座っていても、肚は落ちきるところまで落ち、体重を完全に地面に預けた状態が貫汪館の三流派で共通して求められる状態ですが、知らず知らずの内に中途半端に落ちた状態でも自分で良しとして、そのまま動いてしまっているのです。

この事例がまさにそうですが、「甘い」というのは、「自分の基準を優先する」と言い替えられると思います。

師の教えに素直に従い、師の基準、流派の基準に従って稽古しなければ、貫汪館の古武道で上達することは出来ませんが、稽古を続けている内に、いつの間にか、「このぐらいで良いんじゃないか」「自分の体に合っているのはこれぐれいだろう」などと自分に都合の良い基準を作り、それに従うようになってしまうのです。

成長の過程でそういうフェーズもあるものだろう、と安易に捉えてはいけません。種目や分野によっては良いのかもしれませんが、貫汪館の古武道においては完全にNGです。

別の基準に従い始めているので、そのまま続けても絶対に上達できないのです。

気付かず陥りがちなことですので、自分がそうなっていないか、いつも注意するようにしましょう。

プロフィール

貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

Author:貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

名古屋で江戸時代から伝わる居合・剣術・柔術を稽古しています。

若い指導者が活気ある道場を目指して指導しています!!

【会員募集中】

【武道未経験者 大歓迎】


Blog of Japanese Kobudo dojo at Nagoya. We practice Iaijutsu, Kenjutsu and Jujutsu which have been succeeded from Edo era.

Accepting new members!!

▽ホームページ / Web site▽
kanoukannagoyanishi.web.fc2.com

Twitter Twitter
Instagram Instagram
Facebook Facebook