FC2ブログ

記事一覧

九州での色々

11/25(土)

お墓参りの後、小城市まで足を延ばし、師おススメの日本料理のお店「ひのでや」さんをお訪ねしました。
 → ホームページ
 → Facebook

絶品の鯉料理を頂きました。
小城をお訪ねの際は是非足をお運びください。

20171125_01

その後、江副道治の顕彰碑を訪ねました。

江副道治は小城藩士で大石進の門人です。
大石神影流剣術の他に天神真揚流躰術、八天舞相流棒縄術を修めた方のようです。
20171125_02

写真には写っていませんが、石碑の前には手水鉢が置かれ、線香や蝋燭を立てる台もあり、お参りが出来るようになっていました。私が訪れたときも親子連れが手を合わせておられましたが、どうやらお参りすると願いが叶うとのこと。

江副道治については全くご存知ではなかったようで、お地蔵様か道祖神のように思われていたようです。
なかなか興味深い出来事でした。

道すがら、そういうものに手を合わせる、というのは何とも日本的です。
もちろん、武術家の事績について多くの方に知って頂くに越したことはないのですが、これはこれで、とても良い場面に遭遇したと思います。


最後に岡山神社を訪れました。
石碑のすぐ近くにあります。

岡山神社は初・二代の小城藩主が祀られている神社です。
20171125_03
20171125_04

初代の鍋島元茂、二代の直能ともに柳生但馬守について柳生新陰流を修めており、小城では柳生新陰流が盛んでした。境内には柳生但馬守、柳生十兵衛を祀るお社があります。
20171125_05
20171125_06
20171125_07

昨年11月には柳生新陰流と大石神影流の演武が行われました。
柳生新陰流×大石神影流(大石神影流に関する講演と演武)


11/26(日)

剣道大会の後は名古屋に帰る前に佐賀まで足を延ばし佐賀城を見学致しました。

元の建物は幾度の火災・戦災により多くが失われ、今の本丸御殿は平成15(2004)年に再建されたもので歴史館として公開されています。

こちらではおもてなし武将隊ではなく、「幕末・維新 佐賀の八賢人おもてなし隊」という方々が活動されています。毎週日曜、八人のうち三人が一日五回、寸劇形式で佐賀の歴史を紹介されているそうです。

今回は江藤新平と島義勇が佐賀戦争の後に処刑されてしまうまでの顛末を副島種臣を狂言回しに語る、という内容でした。
恥ずかしながら、この方々の事績については全然知らなかったのですが、役者の皆さんはとても熱の入った演技をしておられ、内容もわかり易く、大変勉強になりました。
日曜に佐賀城をお訪ねする際は是非観劇されることをおススメします。

佐賀戦争の爪痕が残る門
20171126_04
20171126_05

アームストロング砲
20171126_06

プロフィール

貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

Author:貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

名古屋で江戸時代から伝わる居合・剣術・柔術を稽古しています。

若い指導者が活気ある道場を目指して指導しています!!

【会員募集中】

【武道未経験者 大歓迎】


Blog of Japanese Kobudo dojo at Nagoya. We practice Iaijutsu, Kenjutsu and Jujutsu which have been succeeded from Edo era.

Accepting new members!!

▽ホームページ / Web site▽
kanoukannagoyanishi.web.fc2.com

Twitter Twitter
Instagram Instagram
Facebook Facebook