FC2ブログ

記事一覧

大石進先生の御墓参り・大石武楽先生追善少年親善剣道大会

11/25(土)~26(日)

大石神影流剣術の行事のため、九州に行ってきました。

25(土)

初代・二代大石進先生のお墓参り、およびお墓のお掃除をしました。
7代目御宗家、大石進の御子孫であり大石武楽顕彰会の会長である古賀様、大先生が作られた剣道道場「手鎌道場」師範の奥薗先生と道場の子供たちとご一緒させて頂きました。

お参りの後、墓前で演武をさせて頂きました。
流祖が見ておられると思うと己の至らなさに忸怩たる思いを覚えます。
少しずつは成長できているようですが、まだまだ・・・

26(日)

「三池地区剣道スポーツ少年団創立49周年記念 及び 第44回大石武楽先生追善少年親善剣道大会」

横浜支部長と私で陽之表を演武させて頂きました。

大石武楽は初代が最後に名乗られた号です。
地元の偉大な剣士を偲んで行われてきた伝統ある大会で、試合の前に大石神影流の演武が行われます。

これまでは大先生、地元の大石神影流の御門人、館長が演武されました。
昨年は館長と横浜支部長によるご演武でした。

今年は事情により館長が演武されないため、横浜支部長と私の演武となりました。
このような特別な場で演武させて頂くことは大変恐縮なことですが、またとても光栄なことです。

開会式の前に子供たちが試合に向けて稽古をしていました。
その一生懸命で無垢な姿を見れたのが良かったように思いますが、いつもの私の悪癖である「考えながら動く」癖は出ずに演武できました。

考えずに動けたこと自体は良くなった点なのですが・・・
どうやら姿勢にかなり根本的な悪癖が付いてしまっているようです。

意識と感覚を徹底的に修正する必要があります。


演武の度に覚悟と魂の在り様を問われています。
剣を手に戦場に立つことのない現代でこのように問われる体験はそうそうありません。

このような場に立たせて頂くこと自体が本当に特別なことで、そこで十全な演武が出来ていないことはとても恥ずかしいことですが、本当に貴重な体験をさせて頂いています。この縁と恩に報いていけるよう稽古を重ねたいと思います。

20171126_01
20171126_03
20171126_02

プロフィール

貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

Author:貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

名古屋で江戸時代から伝わる居合・剣術・柔術を稽古しています。

若い指導者が活気ある道場を目指して指導しています!!

【会員募集中】

【武道未経験者 大歓迎】


Blog of Japanese Kobudo dojo at Nagoya. We practice Iaijutsu, Kenjutsu and Jujutsu which have been succeeded from Edo era.

Accepting new members!!

▽ホームページ / Web site▽
kanoukannagoyanishi.web.fc2.com

Twitter Twitter
Instagram Instagram
Facebook Facebook