FC2ブログ

記事一覧

気配り

10/14(土)

Kさん、Iさんが参加。

今回の稽古場所は複数のグループが同じ競技場を使う環境でした。

周りに惑わされず、且つ周りの邪魔にならず。
こういったことに気を配ることも稽古になります。

間合いを計り、心を読むことは普段の生活でも普通に行っていることです。
武道の稽古を通じて、普段の振る舞いも向上していけたら良いですね。

また、そうでなければ、現代に武道を稽古する意味は浅薄なものになってしまうと私は考えています。

----------

まずは基本稽古を全員で。

居合の礼法
正座
歩き

Iさんには引き続きそれらを稽古して頂き、様子を見ながら後ほど斬撃、抜付も稽古して頂きました。

元々、無茶な動きはあまりされないタイプですが、やっぱり結果優先で形を作ってしまう場面もあります。
真面目な方ですので、言われたことを何とかやろうとしてしまうのです。

立てなければ立てない、抜けなければ抜けないのが正解。
すぐに出来なくて良いので、無理に動きを作らないでくださいとお話しました。

Kさんには大森流を稽古して頂きました。

いくつか指摘すると、動きが改善しました。
すぐに反映できる、ということは体の動きへの理解が進んでいるということです。
このまま工夫を重ねて頂ければと思います。

その後は明治神宮と大牟田の大石神影流演武に向けて私の稽古相手をお願いしました。

渋川一流柔術 半棒、四留
大石神影流剣術 陽之表

打太刀(受)・仕太刀(捕)を交替で何度か稽古しました。

20171014_01

プロフィール

貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

Author:貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

名古屋で江戸時代から伝わる居合・剣術・柔術を稽古しています。

若い指導者が活気ある道場を目指して指導しています!!

【会員募集中】

【武道未経験者 大歓迎】


Blog of Japanese Kobudo dojo at Nagoya. We practice Iaijutsu, Kenjutsu and Jujutsu which have been succeeded from Edo era.

Accepting new members!!

▽ホームページ / Web site▽
kanoukannagoyanishi.web.fc2.com

Twitter Twitter
Instagram Instagram
Facebook Facebook