FC2ブログ

記事一覧

想定

11/18(土)

だいぶ冬の匂いが濃くなってきました。
朝夕冷え込みますね。
体調に気を付けてください。

Kさん、Iさんが参加。


Kさん

大森流
 初発刀・左刀・右刀・當刀・陰陽進退・流刀・順刀・逆刀・勢中刀・虎乱刀・抜打

手順がちょっと怪しいところや想定をよく理解されていないところがあったので手直し。

一人稽古は自分の動きとじっくり向き合えるのは良いのですが、想定を忘れてしまうと何をやっているのかわからなくなり、武術から離れてしまうのが難しいところです。

常に仮想敵をイメージし、目付に気を付けてください。
仮想敵はこちらに都合の良いところで斬られるのを待っていてくれる相手ではなく、動く相手をイメージしないと意味がありません。


Iさん

居合の礼法
正座(座り方・立ち方)
歩き
斬撃
大森流 初発刀・左刀


抜付で右手で引っこ抜く傾向が出始めたので左刀を稽古して頂くことにしました。
ふふふ、抜けないでしょう・・・

抜付は体の開きによって行われます。
片方の半身を大きく動かせば、確かに抜けるには抜けますが、それでは似て非なるもの、本質は全く異なります。

安直な工夫は真の工夫とは呼べません。
それで満足してしまえば永久にそこから上達できなくなってしまうので、ご注意を。

より無理無駄なく、更に、更に、と求め続ける姿勢が大事です。

良い道具は稽古の助け

11/11(土)

Kさん、Iさんが参加。
この日は二人の居合刀を道場で初めて使いました。

20171111_01
20171111_02

ご満悦の二人(^^)

「自分の刀を持っている」なんてワクワクしますよね。

自分の道具。
それも良い道具を持つことは必ず稽古への良い影響があるものです。

お二人の上達の助けになることを期待します。
そのためには道具への敬意を持ち、繊細に扱わないといけません。
大事にして頂きたいと思います。


Kさん

引き続き無雙神傳英信流抜刀兵法の特訓。
大森流を一通り。

 初発刀・左刀・右刀・當刀・陰陽進退・流刀・順刀・逆刀・勢中刀・虎乱刀・抜打

残りの時間で大石神影流剣術を。

 陽之表
  阳剣・阴剣・無二剣・二生・稲妻・太陽剣・正當剣・無意剣・乗身・千鳥


時間・場所に不足がある時はこれらの形名を見ながらイメージトレーニングすると良いでしょう。
想定が覚えづらければ、稽古後に紙や携帯のメモ機能に書くのも手の一つです。


Iさん

居合の礼法
正座(座り方・立ち方)
歩き
斬撃
大森流 初発刀

だいぶスムーズに動けるようになってきました。
歩くのは難しい・・・工夫あるのみです。

抜付・斬撃でキメを作る癖が出てきました。
繊細さについてはよく理解されていると思いますが、やはりこの辺は男性ですね(^^;

「振りたい」という思いが支配的になっていると思います。
難しいのですが、思いを捨ててしまうことが大事です。

折角の居合刀、切先まで自分の一部と出来るよう工夫してみてください。

関再訪

11/4(土) 稽古後

稽古後に車で岐阜県関市の濃州堂さんへ向かいました。
Kさん、Iさんも同行。

お二人の居合刀と私の脇差の柄が出来上がったので受け取りに行ったのです。

いずれも素晴らしい仕上がりでした。
お二人の稽古にも良い影響があると思います。

脇差は大石神影流の演武で差すものが欲しくて手に入れたものです。
今年の5月、演武のために京都にいた際、館長にご一緒して武道具屋さんを見て回っているときに見つけたものです。

実は先に見つけられたのは館長で、私はその時は大刀ばかりを見ていたので気付いていませんでした。
あの日、あの場所で、館長にご一緒していなければ私のもとに来ることはなかったでしょう。
そう考えると、こういうことも御縁なのだな、と思います。

刀身も拵えも江戸時代のものですが、柄が少し悪くなっていたので、柄だけを新しく作って頂きました。
元の柄は折角の古いものなので、外してそのまま残してあります。

先日下砥ぎをして頂いた私の刀の拵え作成もこの場で注文させて頂きました。
出来上がりが楽しみです。

濃州堂さんを後にして関鍛冶伝承館に向かいました。
Kさんは2回目。Iさんは初めてです。

私の俄か知識ですが、展示を見ながら日本刀の歴史についてちょっとお話しました。
時代の移り変わり、戦いの様式の変化に伴い、日本刀も変化発展してきました。
そういったことも武術の背景として興味を持って頂ければと思います。

企画展示は「関の現代刀」でした。
廃刀令が敷かれた後、関の刀剣産業がどのような変遷を辿ってきたのか、という内容でした。
あまり語られることの無い内容だと思います。興味深く拝見致しました。

20171104_01
20171104_02
20171104_03

「次は無いのだ」と思って

11/4(土)

Kさん、Iさんが参加。

Iさんは引き続き基礎の稽古を。
 居合の礼法
 正座(座り方・立ち方)
 歩き
 斬撃

素抜き抜刀術の稽古も始めて頂きました。
 大森流 初発刀

お教えしていると全てが繋がっていることを改めて感じられます。
初心の方にお伝えすることで私自身が学ばせて頂いています。

Kさんはどうも苦手意識がありそうな居合の特訓。

ちょっと厳しいですが、一度で覚えるという覚悟がなければ、なかなか身に付かないものです。
特に苦手なことほど、そうだと思います。

現代の、普通の日本人の生活では「次は無いのだ」という覚悟を問われることは、そうそうありません。
(ビジネスの最前線、プロフェッショナルな現場に立っている人などは別かと思いますが)

とはいえ、よくよく考えれば普段の生活でも全ては一期一会、その場限りのことです。

武道の稽古に「次は無い」という覚悟で臨めば、普段の生活にも活きてくることがあると思います。
意識して頂ければと思います。

私自身、己の甘さを痛感することがしばしばですので、これは自戒でもあります。

最後に大石神影流剣術を稽古しました。
 構え
 試合口

明治神宮奉納 日本古武道大会

11/3(金・祝)

毎年恒例の日本古武道振興会主催「明治神宮奉納 日本古武道大会」に参加致しました。

今年は事情により館長は演武されず、横浜支部長と私の二人で演武致しました。

無雙神傳英信流抜刀兵法
 詰合

澁川一流柔術
 半棒
 四留・二重突
 打込・両懐剣

両流派とも満足には程遠く・・・まだまだ稽古が足りません。

ただ、今回の演武とそれに向けての稽古で自分が変わったところは確かにありました。
これを糧に更に上達していきたいと思います。

20171103_01
20171103_02

特別稽古

10/28(土)

特別稽古のため横浜へ向かいました。
明治神宮奉納演武と大牟田市の少年剣道大会での大石神影流演武の前に横浜支部長と稽古できる最後の機会です。

あざみ野駅で昼前に合流。
カレー屋さん「アクバル」にお連れ頂きました。

横浜支部の稽古日記に度々登場するお店で一度行ってみたかったのですが、今回ようやく行くことが出来ました。ほうれん草ベースのチキンカレーを頂きましたが、とても美味しかったです(^^)

横浜支部長宅でしばしの間、ゆっくりさせて頂いた後、稽古場所に向かいました。

----------

無雙神傳英信流抜刀兵法
 詰合

澁川一流柔術
 半棒
 四留・二重突
 打込・両懐剣

大石神影流剣術
 陽之表

実際の演武を想定して一通り稽古しながら、悪いところを指摘して頂きました。

頭で考え、外形を作り、動きが途切れる悪癖が顔を出します。

演武も稽古も真剣勝負と同じ。
命を懸ける覚悟で臨み、実際に通用する動きをしなければ、意味はありません。
その当たり前ともいえることが心身の深いところでまだまだ理解できていないのだと思います。

少し休憩してもう一通り。
一度目よりはマシになりましたが、まだまだ・・・

流派の名を背負うには到底足りませんが、今回は横浜支部長と私だけで臨まねばならない演武です。
本番では今出来る精一杯の演武をしたいと思います。

----------

稽古後は再び横浜支部長宅にお邪魔して、少しゆっくりさせて頂きました。
稽古の前後に心身を落ち着けられるのはとても有り難いことです。

夕食には早いので、甘いものを食べに行くことに。
ファミレスでパフェを頂きました。

お昼のカレーに、夕方のパフェ、お宅でもお茶を出して頂き、すっかりご馳走になってしまいました。
いつも本当にありがとうございます。


あざみ野駅から地下鉄で新横浜駅へ、そこから新幹線で名古屋へ。
もうすっかり通い慣れた、いつものルートで帰途に就きました。
20171028_01

プロフィール

貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

Author:貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

名古屋で江戸時代から伝わる居合・剣術・柔術を稽古しています。

若い指導者が活気ある道場を目指して指導しています!!

【会員募集中】

【武道未経験者 大歓迎】


Blog of Japanese Kobudo dojo at Nagoya. We practice Iaijutsu, Kenjutsu and Jujutsu which have been succeeded from Edo era.

Accepting new members!!

▽ホームページ / Web site▽
kanoukannagoyanishi.web.fc2.com

Twitter Twitter
Instagram Instagram
Facebook Facebook