FC2ブログ

記事一覧

基礎

10/21(土)

Iさんが参加。

いつも通り基本稽古をして頂きました。

居合の礼法
正座
歩き
斬撃
抜付

今は基礎を身に付ける段階、地味な稽古ですが、これが大事なのです。
基礎が脆弱なまま上に何かを積み上げようとしても崩れてしまいますから。

もっとも、私の見る限り楽しそうに稽古しておられるので、あまり心配はしていないのですが(^^;

私は今後の演武の一人稽古をしながら、ちらちらと様子を見させて頂きました。

今まで引っ掛かりのあった部分が少しずつ角が取れてきたように見受けられます。
良い稽古が出来ていますので、このまま工夫を続けて頂きたいと思います。


今回は畳の稽古場所でしたから、折角なので最後に少し澁川一流柔術を稽古しました。

慣れれば板間でも稽古できますが、最初の内はゆっくり倒れる動きでもちょっと痛かったりしますので。

礼法
履形 礼式と形を何本か

まずは剣の動き・間合いを基礎として身に付けて頂きたいのですが、違うアプローチの動きが苦手とする部分のヒントになることもあります。
今後も様子を見ながら、ちょくちょく稽古して頂くつもりです。

気配り

10/14(土)

Kさん、Iさんが参加。

今回の稽古場所は複数のグループが同じ競技場を使う環境でした。

周りに惑わされず、且つ周りの邪魔にならず。
こういったことに気を配ることも稽古になります。

間合いを計り、心を読むことは普段の生活でも普通に行っていることです。
武道の稽古を通じて、普段の振る舞いも向上していけたら良いですね。

また、そうでなければ、現代に武道を稽古する意味は浅薄なものになってしまうと私は考えています。

----------

まずは基本稽古を全員で。

居合の礼法
正座
歩き

Iさんには引き続きそれらを稽古して頂き、様子を見ながら後ほど斬撃、抜付も稽古して頂きました。

元々、無茶な動きはあまりされないタイプですが、やっぱり結果優先で形を作ってしまう場面もあります。
真面目な方ですので、言われたことを何とかやろうとしてしまうのです。

立てなければ立てない、抜けなければ抜けないのが正解。
すぐに出来なくて良いので、無理に動きを作らないでくださいとお話しました。

Kさんには大森流を稽古して頂きました。

いくつか指摘すると、動きが改善しました。
すぐに反映できる、ということは体の動きへの理解が進んでいるということです。
このまま工夫を重ねて頂ければと思います。

その後は明治神宮と大牟田の大石神影流演武に向けて私の稽古相手をお願いしました。

渋川一流柔術 半棒、四留
大石神影流剣術 陽之表

打太刀(受)・仕太刀(捕)を交替で何度か稽古しました。

20171014_01

10/7(土)

Iさんが参加。

基本稽古をみっちりして頂きました。

私は今後の演武の一人稽古をしながら、ちらちらと様子見。
時折、動きをお見せしながら、少しだけアドバイスをしました。

最初にお話した私達が求めている動きの本質はよく理解されているようで、ついつい今までの動き方で動いてしまうご自身に苦慮しながら繰り返し稽古されていました。

頭は空っぽに、体は楽に。
この「楽」、出来ない内は寧ろしんどいものかもしれません。

ほとんどの人はどこかに居着いて寄り掛かった姿勢に落ち着きを覚え、動きには「動いた」という実感を求めるものです。
不自由な方が安心できるのです。
心は常に安心を求めていますから、安心できる状態に心身が引っ張られてしまうのは仕方のないことです。

ですが、そのような自分の心と向き合い、居着きや実感への欲を捨てる工夫を重ねれば、本当に「楽」に動けるようになっていきます。

私自身はまだまだ居着きも実感を求める心も捨て切れていませんが、それでも稽古を始める前と比べれば随分と感覚が変化しました。

自分の心身が変化していくのは、なかなかに面白いものです。
そのように稽古を楽しんで頂ければと思います。

通常稽古

9/30(土)

Kさん、Iさんが参加。

いつも通り基本稽古から。

居合の礼法
正座(座り方、立ち方)
歩き

Iさんには引き続き同じ稽古と、様子を見ながら斬撃・抜付の稽古をして頂きました。

Kさんは大森流を。
居合を苦手としておられるので、時間を掛けて重点的に。
その後は明治神宮と大牟田の大石神影流演武に向けて私の稽古相手をお願いしました。

刀剣研磨

9/24(日)

ホテルでちょっとのんびり目に目覚め、件の用事のために都内某所に移動。

先日、時代物の真剣を入手したのですが、少し錆と刃毀れがあるため、砥ぎをお願いするため砥師の先生をお訪ねしたのです。館長と横浜支部長の刀もこの方が手掛けられています。

他にも状態を見て頂きたい刀があり、計三口を持参しました。

刀を見て頂きながら、色々とお話を伺うことが出来ましたが、とても勉強になりました。
研ぎによってどう変化するか、その場で少し砥ぎをして見せてくださったのですが、見る見るうちに状態が変わっていき、大変驚きました。


刀をお預けして、近くのご飯屋さんで、昼食をご一緒させて頂きました。
昔ながらの洋食屋さんでハンバーグランチを頂いたのですが、とても美味しかったです。

研ぎの依頼のみならず、色々とお話をして頂いた上、昼食も結局ご馳走になってしまいました。
大変お世話になり、誠にありがとうございました。

東京駅まで移動し、新幹線で帰途に就きました。

審査と特別稽古

9/23(土)

千葉におられる館長をお訪ねする用事があり、朝から出掛けました。
現地では横浜支部長とも合流し、午前中に用事は無事終了しました。

午後はあざみ野に向かい、しばし横浜支部長宅でご厄介に。

夕方から横浜支部の稽古の合間に私の無雙神傳英信流抜刀兵法の昇段審査をして頂きました。

審査後は11月の大牟田での演武に向けて横浜支部長と大石神影流剣術の稽古をしました。

居合・剣術ともに以前からご指摘頂いているところが相変わらず出来ていません。

11月の明治神宮では居合・柔術も演武させて頂きます。

が、まだまだ流派の顔として演武出来るレベルとは到底言えません。
もっと稽古を重ねなければ・・・

今回の審査と稽古を通じて、自分の心身の課題をより自覚出来たように思います。
演武まで精一杯の稽古を重ねたいと思います。

稽古の後、横浜支部長宅に再びご厄介になり、夕食をご馳走になりました。
大変美味しく、ちょっと図々しくもおかわりまで頂いてしまいました(^^;
いつもありがとうございます。

横浜支部長宅を退出させて頂き、都内某所まで移動。
翌日も東京で用事があり、ホテルに宿泊しました。

ホテルの窓からはスカイツリーが見えました。
20170923_01

濃州堂 訪問

9/16(土) 稽古後

車で関市に移動。
濃州堂さんをお訪ねしました。

元々、Kさんの模擬刀と私の脇差の柄作りを注文するのが目的だったのですが、なんとIさんも模擬刀を購入したいとのこと。

もうちょっと稽古が進んでから購入されることが多いのですが、これまで数回の稽古で動きを見させてもらい、午前の稽古では私の模擬刀をお貸ししましたが、無茶な動きはされておらず大丈夫そうです。
人によっては一生懸命に何とか鞘から抜こうとしてバキッ!なんてこともあるのですが(^^;

現地で既製品を持たせてもらうことも出来るので、それから最終判断してもらうことにしました。

自分の刀を持つ。
刀剣鑑賞をされる方でもなければ、なかなか無いことです。

しかも武道で自らが用いる刀を自分で注文するのです。
模擬刀とはいえ、ワクワクしないわけがありません(^^)

刃紋、鍔、縁頭(縁金と柄頭)、目貫、塚巻の素材・色、柄鮫の色、鞘の塗装、刃・柄の長さ、重さ、etc...
これだけの要素をカスタマイズできます。
しかも現地だと実物を見させてもらいながら考えられるので、更に悩みます。

2時間はかかるだろうな、と思っていたのですが、概ね正解でした。

お二人とも予算内に納まり、無事注文完了。
今から出来上がりが楽しみですね(^^)

20170916_02

久々の通常稽古

9/16(土)

Kさん、Iさんが参加。

久々の通常稽古です。
門人の皆さんには申し訳ありませんでした。

特にIさんは入門されたばかりなのに指導者不在が続いてしまいましたが、最初にお教えしたことをしっかり自主稽古されたのが見て取れ、安心しました。

ここまで用事が重なってしまうことは滅多にありませんのでご安心ください(^^;

座り方・立ち方・歩き方
居合の礼法
大森流 初発刀

ここまでを全員で稽古

Iさんには同じ稽古を引き続きして頂きました。
地味ですが、基礎を身に付ける大事な稽古です。
お示しした動きがなかなか出来ないことが面白いのか、ずっと集中して工夫されていました。
出来ないこと、それが少しずつ出来るようになることを楽しめれば上達は速やかです。

Kさんと私は久々に太刀打を。
続いて半棒表の全ての形を稽古しました。

Kさん、手順にちょっと怪しいところがありましたが・・・(^^;
大事なのは動きの質です。
動きは以前より良くなってきています。

苦手とされている部分では全て結果を焦って小手先で動いてしまっています。
焦らず落ち着いて動けるよう工夫してみてください。

20170916_01

プロフィール

貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

Author:貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

名古屋で江戸時代から伝わる居合・剣術・柔術を稽古しています。

若い指導者が活気ある道場を目指して指導しています!!

【会員募集中】

【武道未経験者 大歓迎】


Blog of Japanese Kobudo dojo at Nagoya. We practice Iaijutsu, Kenjutsu and Jujutsu which have been succeeded from Edo era.

Accepting new members!!

▽ホームページ / Web site▽
kanoukannagoyanishi.web.fc2.com

Twitter Twitter
Instagram Instagram
Facebook Facebook