FC2ブログ

記事一覧

自分の状態を感じる / understand oneself

11/19(土)

<立ち方、座り方、歩き方>
ちょっと久しぶりの方もおられたのでポイントを再確認。

力みを去る、中心が働く、肚で動く。
頭で考え、「こうしよう」「こうだろう」という思いがほんの僅かでも心に兆すと正しい動きにはなりません。
心にも体にも何の実感も残らず「自然に」「勝手に」動きが生まれてくるのが正しい状態です。

座る時は膝を曲げることで体を下ろす。
歩く時は脚を前に振り出す、あるいは爪先で地面を蹴る。
ほとんどの人の動きはこうだと思いますが、これをわずかでもやってしまうともう求める動きにはなりません。

これらを「しないで」座る、歩く、ということを心掛けて頂きたいと思います。

<抜刀・納刀、大石神影流剣術 構え(中段)>
なかなか手の内が整いませんね・・・
正対して剣を垂直に立てて把持し、そのまま中段まで下ろすとなかなか良いのですが、半身でこれを行うとうまくいきません。半身に歪みがあるため、手の内も崩れてしまっているようです。

体の中心が開いて半身になっているのではなく、片脚を固定し、もう片方を前方もしくは後方に動かして半身を取ろうとしているため、脚・腰・上体の開き方がすべてバラバラになってしまっています。

動いている時の自分の体の状態をよくよく観察することが大事です。
どこかを固めていたり、左右の体が均等に働いていなければ、一旦動きを止めてリセットしてください。

自分の体がどのように動いているのか把握しないと動きを正すことは不可能です。
自分の体の状態を感じられるようになれば、他者との違い、他者の動き方も徐々に見えてくるようになるはずです。

<大石神影流剣術 構え(上段・附け)>
上段・附けを重点的に。

肚を中心に。
中心が働くことで切先が円を描くように動いていきます。

パッと見では腕だけが動いているように見えるかもしれませんが、この動きでも全身が調和を取りながら働いています。手だけ動かして他が固まっている、ということがないよう体の状態を観察してください。

<大石神影流剣術 試合口>
私が元に立って仕太刀・打太刀を一通り。

手数(形)の稽古では自分勝手に手順を追い掛けてはいけません。
相手の心と体の働きを感じることを心掛けてください。


次回は9:30から。
次の稽古場所は最寄駅からバスに乗り換える必要があります。
バスの時間に注意して、お気を付けてお越しください。

********************
門人募集中!!無料見学も受付中!!
お問合わせフォームからお気軽にご連絡ください!!
Accepting new members!!
If you are interested in our budo, please contact us!!!!

ツイッター、インスタグラムを開設しました。フォローよろしくお願いします!!
I made the Twitter and Instagram account. Please follow me!!
・Twitter https://twitter.com/kanou_kan_nw
・Instagram https://www.instagram.com/kanoukan.nagoya.nishi/
********************

感覚を育てる / develop a sense

11/5(土)・12(土)

どうも皆さんの都合の悪いタイミングは重なるもののようで、ここ2回はほとんどの門人が参加できず・・・

まぁ、これも折角の機会なので、来られた方の動きをいつもよりじっくり見ました。

<ある門人の問題点 Phase 1>
・中心(肚)を感じる感覚がまだまだ → 中心(肚)が取れない → 中心(肚)で支えることが出来ず腕・手で剣を支えてしまう → 手の内が崩れる
・手の内が力む → 腕・手で剣を支えてしまう → 上体が力んで中心が上に引き上げられる → 肚が抜ける

肚に納まっていないことが手の内が崩れている原因ですし、手の内が崩れていることが肚に納まらない原因です。

人によって全身の部位毎の力みの程度や傾向は異なっているのですが、だいたいAの原因はBで、Bの原因はA、ということが多いように思います。Aにばかり意識を向けて直そうとして、却ってBの崩れを酷くしてしまうこともあります。
丁度そんな状態に陥ってしまっていました・・・

<ある門人の問題点 Phase 2>
・手は意識できるので手の力みだけを取ろうとする → 肚で剣を支えられているわけではないので手が支えなくなった分の重量が腕部に掛かる → 重量を支えるため上腕にガチガチに力が入る → 中心が上方へ引き上げられる度合いが増大する → より一層肚が崩れる

今の自分の感覚でわかるところから取り組みたくなるものですが、一箇所をどうにかしようとしても、このように大概うまくいきません。全身の部位は相互に作用し合っており、全体の調和を図っていく必要があります。
全体の繋がりを感じられるよう、今わからないところの感覚を育てることが大事です。

感覚が育ってきて腑に落ちる時が来れば、パカーンと眼が開くこともあるかもしれませんが、それまでは少しずつ工夫を重ねていくしかありません。また、眼が開く度に次の課題が見えてくるものです。

<改善>
この門人の場合、「手は力むまい」とするあまり手から意識を離してしまい、指先まで気が行き届かず完全に死に物になっており、却って崩れの原因になっていましたので、一旦剣を納めてもらい、無手の状態で「指先を意識してください」と指導したところ、肚から指先までが繋がり、だいぶ無理のない動きになりました。

<課題>
・・・が、剣を持つとまた腕・手で支えようとして崩れが・・・
「剣は重たいもの」
「腕で支えないと落してしまう」
という思い込みが邪魔をしているようです。

思い込みに囚われている内は「今の自分」から抜け出すことは不可能です。

まだ出来ない、わからない「肚から切先まで繋がり、重さを感じなくなる」ということを信じて、思い込みを捨て、肚から切先までの繋がりが感じられるよう、工夫を重ねて頂きたいと思います。

********************
門人募集中!!無料見学も受付中!!
お問合わせフォームからお気軽にご連絡ください!!
Accepting new members!!
If you are interested in our budo, please contact us!!!!

ツイッター、インスタグラムを開設しました。フォローよろしくお願いします!!
I made the Twitter and Instagram account. Please follow me!!
・Twitter https://twitter.com/kanou_kan_nw
・Instagram https://www.instagram.com/kanoukan.nagoya.nishi/
********************

明治神宮奉納演武 / Performance at Meiji Jingu

11/3(木・祝)

日本古武道振興会主催「明治神宮奉納 日本古武道大会」に参加させて頂きました。

これまではずっと見学する側、演武は今回初めてでした。
何年も見てきた大会に自分が参加するのは感慨深いものがあります。

何十もの流派が参加し、多くの方が見に来られる大きな行事です。
そのような場に立たせて頂き、大変光栄に思います。

この日は毎年よく晴れ、11月とは思えないほど暖かくなるのですが、今年も例外ではありませんでした。
朝方には雨が降ったようで、芝生の状態を少し心配していたのですが、演武する頃にはほとんど乾いていて助かりました。

居合は素抜き抜刀術、柔術は半棒術を演武致しました。

失敗を恐れてか頭で考えながらの演武となり、充分な気迫の籠もった演武は出来ませんでした。
心身ともにまだまだ稽古不足・・・今回の経験を糧にまた稽古を積んでいきたいと思います。

20161103_01

********************
門人募集中!!無料見学も受付中!!
お問合わせフォームからお気軽にご連絡ください!!
Accepting new members!!
If you are interested in our budo, please contact us!!!!

ツイッター、インスタグラムを開設しました。フォローよろしくお願いします!!
I made the Twitter and Instagram account. Please follow me!!
・Twitter https://twitter.com/kanou_kan_nw
・Instagram https://www.instagram.com/kanoukan.nagoya.nishi/
********************

考えてしまう / end up thinking

10/29(土)

この日は門人が参加できました。良かった(^^;
まぁ、前週みたいなことはあまりないのですが。。

立ち方、手の内、抜刀・納刀、構えを重点的に稽古。

どうも皆さん頭で考えて動いてしまいます。

肚を中心に剣も含めた全身が統一されて動くには、頭で考えて行っていては困難です。
頭で考えてコントロールしようとすると、大概どこか体の一部分だけに意識が行き、そこが動きの中心になってしまい、全身の調和を乱してしまいます。

どうしたら動けるのかわからないから、頭で考えてその動きを作ろうとしてしまう。
そのように心が働いてしまうのはよくあることですが、安易に動きを作ってしまうと体の状態を感じる感覚は育ちません。

考えるのではなく、感じ取る、ということを習慣にして頂きたいと思います。
いま自分の体がどういう状態なのか、動きの途中、その一瞬々々でどのように変化していっているのか。それらを感じ取る感覚を育てない限りは武術の動きを理解できるようにはなりません。

忙しく、時間に追われ、常時大量の情報に晒されている現代人は頭を空にするのが苦手なように思います。
何かを考えていない、知覚で情報を処理してしていない、という状態に忌避感を覚えてしまう人も多いのかもしれません。

意図して何も考えない、何も思わない時間を日々の中に作る工夫をしてみると良いかと思います。

********************
門人募集中!!無料見学も受付中!!
お問合わせフォームからお気軽にご連絡ください!!
Accepting new members!!
If you are interested in our budo, please contact us!!!!

ツイッター、インスタグラムを開設しました。フォローよろしくお願いします!!
I made the Twitter and Instagram account. Please follow me!!
・Twitter https://twitter.com/kanou_kan_nw
・Instagram https://www.instagram.com/kanoukan.nagoya.nishi/
********************

プロフィール

貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

Author:貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

名古屋で江戸時代から伝わる居合・剣術・柔術を稽古しています。

若い指導者が活気ある道場を目指して指導しています!!

【会員募集中】

【武道未経験者 大歓迎】


Blog of Japanese Kobudo dojo at Nagoya. We practice Iaijutsu, Kenjutsu and Jujutsu which have been succeeded from Edo era.

Accepting new members!!

▽ホームページ / Web site▽
kanoukannagoyanishi.web.fc2.com

Twitter Twitter
Instagram Instagram
Facebook Facebook