FC2ブログ

記事一覧

一人稽古 / private practice

10/22(土)

皆さんの仕事・学業・体調不良が重なり、私一人の稽古でした。
まぁ、たまにはこういうこともあります(^^;

立ち方、大石神影流剣術の鞘手・柄手の掛け方、抜刀・納刀、上段・附けの構えを時間を掛けて。
手数の動きを一人で行い、無理無駄のある動きが出てしまうところが無いか確認。
後半は明治神宮・日本武道館で演武させて頂く、澁川一流柔術の半棒を繰り返し稽古しました。

悪い動きになるところは作為や思い込みといった邪念・悪心が起こっているところです。
どういう動きでそういった思いが働きやすいのかを探り、次からはその思いを消して動けるよう、繊細に己の心を見つめていく必要があります。

なかなか悪い思いが消えない動きがあります。
「こういう風に動けば良いだろう」というイメージが強く付いてしまっているところです。

あるイメージで固定してしまえば、その動きにはそれ以上の向上はありません。上達の道は閉ざされてしまいます。そのようなイメージを持ってしまった場合はそれを心から消し去る工夫が必要になります。

心に余裕がないと安易な動きをして、そのイメージが体に残ってしまったりします。
疲れを感じたら、一旦心身を落ち着けて、自分の状態を繊細に感じられることを確認してから、動きの稽古を再開するべきです。

この日も回数よりも質を重視して、ゆっくりとした稽古を行いました。

次回は29(土) 9:30からです。
皆さんが来られると良いのですが(^^;

朝晩冷え込むようになってきました。
季節の変わり目、体調にご注意ください。

********************
門人募集中!!無料見学も受付中!!
お問合わせフォームからお気軽にご連絡ください!!
Accepting new members!!
If you are interested in our budo, please contact us!!!!

ツイッター、インスタグラムを開設しました。フォローよろしくお願いします!!
I made the Twitter and Instagram account. Please follow me!!
・Twitter https://twitter.com/kanou_kan_nw
・Instagram https://www.instagram.com/kanoukan.nagoya.nishi/
********************

素直さという素質 / unselfishness

10/15(土)

立ち方、鞘手・柄手の掛け方、抜刀・納刀を徹底的に稽古。それでほとんど終了でした。

手数(形)の稽古をしながら、無理無駄を無くしていける人もいるかと思います。
幼い子供はそもそも無理な動きをしない(出来ない)ので、良いかもしれません。

大人の場合は「素直さ」に秀でた人なら出来るかもしれませんが、ほとんどの人はそういうわけにはいきません。

「素直さ」は一種の才能です。
ここでいうところの素直さというのは、師の動きを見るときも自らが動くときも作為・私心・我欲を排して、それを行える素質と言って良いかと思います。

ある一定の年齢・経験を重ねた人間はそれまでに蓄積したものを基礎として新しいことにも応用しようとします。それ自体は極めて普通のことであり、効率良く行動するには必要な能力だとも思います。

人間の基本的な能力であるが故にこれを抑えて事に当たるというのは、相当に難しいことです。
(貫汪館の)武術では体の動きという極めて基礎的なものの質をそれまでに身に付けたものとはガラリと変えることが求められているため、この難しいことに取り組まねばなりません。

手を上げたり、足を一歩出したり、といったちょっとした動きでも、今までのやり方を心身の中から一旦捨ててしまい、肚を中心とした無理無駄のない動き方をゼロから習得していく必要があります。

どうしたらいいのかわからない不安・恐怖
今までのやり方が使えない単純な面倒くささ、それを使いたくなる甘え
出来るだろうという慢心
このように動くのだ、という誤った思い込み

こういった心を捨てられないと今までの動き方で動いてしまい、求められている動きから遠ざかり、師の動きの本質も見えなくなってしまいます。

(武術の修行における)悪心・邪念が起こらないよう常に自分の心の状態に気を配らなければいけません。
そのためには今回のような基礎となる動きを稽古しながら、己の心身を感じる感覚を養っていくのが一番良い方法だと思います。

慌てる必要はありません。
じっくり取り組んで頂きたいと思います。

20161015_01

********************
門人募集中!!無料見学も受付中!!
お問合わせフォームからお気軽にご連絡ください!!
Accepting new members!!
If you are interested in our budo, please contact us!!!!

ツイッター、インスタグラムを開設しました。フォローよろしくお願いします!!
I made the Twitter and Instagram account. Please follow me!!
・Twitter https://twitter.com/kanou_kan_nw
・Instagram https://www.instagram.com/kanoukan.nagoya.nishi/
********************

大石神影流剣術講習会 / Seminar of Oishi shinkage-ryu kenjutsu

10/8(土)~10(月・祝)

本部の大石神影流剣術講習会に参加致しました。

7月の澁川一流柔術講習会では3日間みっちり柔術漬け。
体系の基本となる部分を高い密度で稽古でき、大変勉強になりました。

今回も3日間で大石神影流の技法の基礎をほとんど網羅する、とても充実した稽古でした。

----------
8(土)

講習会は昼からスタートでしたので、当日午前に名古屋を発ちました。

毎度、装備品は多いのですが、今回は特に重装備でした。

稽古着・着替えのリュック
木刀・居合刀の肩掛けケース
今回は防具着用稽古があるので、防具のキャリーケース
更に長刀合、棒合もあるので、それらの道具も数があった方が良いかと薙刀と六尺棒

バ○オハ○ードよろしく、メニュー画面なる異空間に収納して移動できたら楽なのですが・・・

わけのわからん荷物をガチャガチャさせながら、新幹線に乗り込んでくる私はなかなかに奇異な存在に見られているのかもしれませんね・・・しかも世間は三連休、新幹線の中もかなりギュウギュウでした(^^;
(薙刀はギリギリでした・・・汗)

・・・しかしこれだけ用意しておきながら竹刀を忘れるという痛恨のミス・・・
後ほど館長にお借し頂き何とかなりました(--;

ちょっとヘロヘロになりつつ、なんとか廿日市スポーツセンターに到着。

この日は構え、陽之表、陽之裏の三本目までを稽古しました。

まずは立ち方と構えを時間を掛けて徹底的に稽古。
その後、体調不良でしばらくお休みされていた兄弟子とペアを組ませて頂き、陽之表・陽之裏を。
厳しい技を遣われる方ですので、とても良い稽古が出来ました。

稽古後は館長・横浜支部長とショッピングモールのレストラン街でカツオの叩き定食を頂き、いつものように温泉へ。

----------
9(日)

前日の復習からスタートし、陽之裏の最後まで、そして三学円之太刀、二刀、小太刀
この日も兄弟子と組ませて頂きました。

前日は構えの稽古のお陰で、右腕が余計な働きをする私の悪癖はだいぶ改善されたのですが、この日にはまた戻ってしまっていました・・・
一度ご指導を頂いたところは死に物狂いで直さなければなりません。右腕についてはこれまでも度々ご指導を頂いているところ、自分の甘さを痛感します。

その後も完全に制御不能の状態に陥り、まったく軌道修正できず。
右腕は亡霊と思ってください、とご指導頂き、それでも直らず、とうとう右手を離して左腕のみでやってみることに。

すると、出来ました、とのお言葉・・・自分でもだいぶまともになったのはわかります。

うぅむ・・・もう丹下左膳を目指すしかないのか・・・
(今の若い人はわからないでしょうね・・・平成16年にリメイクしてましたけど、それももう12年前ですし)

しばらく左腕のみで稽古した後、右腕を使ってみるもののやっぱりダメ、また左腕のみにしてしばらく稽古。と繰り返しました。

大刀一本を両手で遣う手数なら左腕のみでもなんとか形にはなりますが、二刀、小太刀は右片手で刀を遣わねばなりません。やっぱりかなり苦戦し、ようやく小太刀の稽古の途中まできて、右手がある程度まともに動くようになりました。

悪癖は油断するとすぐ復活します。今後も気を付けねばなりません。

兄弟子は都合により三日目は欠席とのこと。二日間本当にありがとうございました。
まだ体調が万全ではないとのこと。お早い快復を祈念致します。

稽古後はLAZYBONEZへ。
講習会の度に館長、横浜支部長とこちらに寄らせて頂くのがすっかり恒例になりましたが、いったい何度目になるのでしょう。いつも楽しみにしている時間です。

その後はまたもや温泉に。
流石に三連休です。前日もそうでしたが、大変混雑していました。
夕食もこちらで取ろうとしたら、最初はとても入れず。入浴後にようやく入れました。

----------
10(月・祝)

最初に前二日の復習、鞘ノ内、鎗合、防具着用稽古、棒合、長刀合

この日は県外より来られている方と組ませて頂きました。
私の方が兄弟子のため、主に打太刀を務めましたが、どうも教えようとして頭で考えてしまい、自分の動きを崩してしまうようです。これも館長より度々ご指導頂いていることです。

甘いレベルの稽古をしてしまえば、自分の技も相手の技も甘いレベルに留まってしまいます。それは稽古を共にする相手に対して大変失礼なことであり、ひいては流派の名に泥を塗ることにもなりかねません。ゆめゆめ気を付ける必要があります。

防具着用稽古はとても久しぶりでしたが、とても充実した稽古が出来ました。
剣術の試合稽古は元来、勝負を決めるための手段ではなく、形稽古で身に付けた動きを自由な攻防の中で実際に遣えるのか、それが通用するのかを試すためのものでした。

今回も形稽古の延長としての試合稽古を心掛けて行い、とても勉強になりました。

----------
三日間、本当に充実した稽古をすることが出来ました。

事前の準備、運営に当たられた本部門人には本当にお世話になりました。
誠にありがとうございました。

館長にはずっと親身にご指導頂き、心より感謝申し上げます。
至らぬ点ばかりの不肖の弟子ですが、今後も精進して参ります。

----------
いつもは横浜支部長と途中まで隣の席で帰るのですが、連休最終日とあってやはり席は空いておらず。横浜支部長は事前に予約されたそうです。私もそうすれば良かった・・・結局グリーン車で帰ることに。

久しぶりの活あなご飯を堪能しながら帰途に就きました。
20161010_01

********************
門人募集中!!無料見学も受付中!!
お問合わせフォームからお気軽にご連絡ください!!
Accepting new members!!
If you are interested in our budo, please contact us!!!!

ツイッター、インスタグラムを開設しました。フォローよろしくお願いします!!
I made the Twitter and Instagram account. Please follow me!!
・Twitter https://twitter.com/kanou_kan_nw
・Instagram https://www.instagram.com/kanoukan.nagoya.nishi/
********************

自主稽古 / only disciples practice

10/8(土)

私が本部講習会で不在だったため、自主稽古をして頂きました。
Sくん、Kさんの2名が稽古。他の方はお仕事の都合等で来られず(--;

Sくんに稽古日誌を書いて頂きました。

----------
本日は先生が広島で開催された講習会に参加されたので、Kさんと二人で自主稽古でした。

Kさんは刀を抜くときや構えるときに柄を握ろう、と思われるため歪みが発生するようでした。
また、それらの歪みを指摘すると末端を意図的に動かすことで修正しようとされましたが、そのように外見の辻褄を合わせようとすることは全く意味のないことだと思います。
末端の歪みは大本にある歪みによって引き起こされているので、大本を放置して末端を動かしても歪みは消えません。
まず自然に正しく立って、その後自然に正しく動くことで正しい形になるのだと思います。

また、Kさんは思い込みによって構えが崩れていました。
私も無意識に刀を構えの位置に持ってこようとして肚からの繋がりが切れていることを自覚しました。
ああしよう、こうしようという作為が歪みを生むのは痛感していますが、それでも作為を消すのは果てしなく難しく感じます。
稽古中何度も「自然に立って自然に動く」という言葉を繰り返しました。

刀に手をかけるところ、構えだけで稽古時間のほとんどが終わってしまいましたが、最後に少し試合口の稽古を行いました。
Kさんは刀を振り回そうとして無理や無駄が生まれていました。
これも思い通りに刀を動かそうという作為が生み出す歪みです。
刀はその重さで独りでに巡ることをお話ししましたが、Kさんは刀の重さがどうかかっているのかが感じられない様子。
刀に手をかけるときや構えの稽古でも肘の重さを感じながらと説明しましたが肘の重さを感じられなかったようですし、もっと楽に、繊細になる必要があるかと思います。
また、手順や外形を気にしているように感じられたので、手数の理合を説明いたしました。
やはり外見の辻褄を合わせることは無意味で、手数に含まれる条件や攻防のかけひきからどのように動くかを考えるべきかと思います。

本日の稽古は作為をなくし自然に動くというのがテーマになりました。
稽古のほとんどが刀に手をかけるところや構えで、激しく身体を動かしたりはしませんでしたがとてもきつい稽古でした。
----------

Sくんは今来られている方の中では一番年数が長く、とても論理的に考えることが出来るタイプです。
稽古日誌にもそれが良く表れています。

とても一生懸命稽古されたのがよく伝わってきて、嬉しい限りですが、ちょっと理屈に寄り過ぎているようにも思います(^^;

考えている内容には間違いはありませんし、修行の過程では大きく道を逸れるものでなければ、様々に考え、あらゆる工夫を試みて良いと思います。
とはいえ、個々の課題を取り出して、それについて頭で考えることを習慣化してしまうと、全体が見えなくなる元ともなるため要注意です。

大切なのは全体の調和です。
全てが調和して動く時、心身は自由で楽な状態になり、動いたという実感は残りません。

全体の繋がりを「感じる」ことが大切です。
頭で考えることに囚われていると、この「感じる」ということが難しくなってしまいます。

頭を空っぽにして全てを「感じる」ことを心掛けてほしいと思います。

********************
門人募集中!!無料見学も受付中!!
お問合わせフォームからお気軽にご連絡ください!!
Accepting new members!!
If you are interested in our budo, please contact us!!!!

ツイッター、インスタグラムを開設しました。フォローよろしくお願いします!!
I made the Twitter and Instagram account. Please follow me!!
・Twitter https://twitter.com/kanou_kan_nw
・Instagram https://www.instagram.com/kanoukan.nagoya.nishi/
********************

基礎の違い / difference of the foundation

10/1(土)

この日は久々に午前の稽古でした。

前回に引き続き剣術の構えに時間を多く割きました。

現代人と江戸時代の人ではスタートラインに大きな差があります。

館長もしばしば述べておられますが、侍なら子供の時分から親に刀の抜き差しを習い、農民なら日常的に農具を使い、さらにそれら道具の手入れも習慣的に行っていたと思います。道具に親しむ時間、体を使って道具を用いる時間が圧倒的に現代人より多かったのです。

体と道具の関係についてある程度習熟した状態で武術を習い始めていたのだと思います。

それと比べると大半の現代人はベースが無い状態で武術を始めようとするわけですから、ちょっと大変です。

姿勢・手の内などは個々人の日常の工夫で習得して頂き、道場では形の稽古を、と行きたいところですが、まだまだ良し悪しの判断も難しいかと思います。
しばらくは土台をしっかりさせるための稽古を続けていきたいと思います。

********************
門人募集中!!無料見学も受付中!!
お問合わせフォームからお気軽にご連絡ください!!
Accepting new members!!
If you are interested in our budo, please contact us!!!!

ツイッター、インスタグラムを開設しました。フォローよろしくお願いします!!
I made the Twitter and Instagram account. Please follow me!!
・Twitter https://twitter.com/kanou_kan_nw
・Instagram https://www.instagram.com/kanoukan.nagoya.nishi/
********************

徳川美術館と午後稽古 / Tokugawa Art Museum and afternoon practice

9/24(土)

この日も午後からの稽古でしたので、午前中は徳川美術館に行ってきました。
20160924_01

刀剣・甲冑などの武具、武士が愛好した茶道具・能装束などを見て学んで頂きたかったので、皆さんをお誘いしたのですが・・・orz

まぁ思い付いたのが2日前とちょっと急だったので、流石に皆さん都合が付かなかったようです(--;

前回も歴史学習の必要性を書きましたが、武家文化も古武道が伝わってきた背景と言えるものです。
今まで馴染みがなかった場合、少し取っ付きにくいところはあるかもしれませんが、興味を持って学んで頂ければと思います。

午後の稽古は前回に引き続き剣術、特に構えに多くの時間を割きました。

名古屋講習会では午前からみっちりご指導頂き、夕方まで非常に密度の高い稽古をしましたので、皆さん後半はかなり良い状態になっていました。
比較すると、残念ながらその時には出来ていたことが少し失われてしまっているように思います。

一番の原因は心の状態です。

講習会では稽古漬けの状態が続き、他事を考えないお陰でかなり心の中がクリアになっていたんじゃないかと思います。

普段の生活ではストレスや心身の疲労もあるため難しいことですが、心を深いところに鎮める工夫が必要です。

心が肚に納まっていないと、肚を中心に動くことは出来ないものです。

日常で深い呼吸を工夫してください。
深い呼吸に乗せて体を緩めていけば、あるべき所に納まっていきます。

********************
門人募集中!!無料見学も受付中!!
お問合わせフォームからお気軽にご連絡ください!!
Accepting new members!!
If you are interested in our budo, please contact us!!!!

ツイッター、インスタグラムを開設しました。フォローよろしくお願いします!!
I made the Twitter and Instagram account. Please follow me!!
・Twitter https://twitter.com/kanou_kan_nw
・Instagram https://www.instagram.com/kanoukan.nagoya.nishi/
********************

勉強会と午後稽古 / Study and afternoon practice

9/17(土)

普段、名古屋西支部の稽古は土曜午前に行っていますが、この日は昼過ぎしか稽古場所が取れませんでした。

午前しか来られない人もいるかと思い、ちょうど館長が日本武道学会で発表された資料を頂いたこともあり、勉強会をすることにしました。
ファミレスに集合して皆で資料を読みながら色々とお話を。

古武道の本質を理解するためにはそれが伝わってきた歴史・背景を知る必要があります。
本質を知らなければ生きた文化として伝えることは出来ません。

単なる戦闘術ではなく、先人の知識・思想・技術の集積たる伝統文化であることが古武道の大きな存在価値だと思います。
学ぶ人次第ですが、ものの見方・考え方の幅が広がり、より広い視野で社会を見る力にもなるはずです。

実技の稽古と併行して武道史の学習も行って頂きたいと思います。

今回の資料だけでも、普通に生きていては知り得ない知識が沢山あったと思います。
これも人次第ですが、未知を知る、というのは単純に楽しいことだと思います。
楽しみながら学んで頂ければと思います。

午後は名古屋講習会の復習として剣術に特化した稽古を行いました。
大石神影流剣術の構えと試合口、そして太刀打も。

講習会でも徹底的にご指導頂いた真剣・上段の構えに多くの時間を割きました。

剣を持とう、構えよう、という作為が僅かでもあると肚と繋がった動きではなくなってしまいます。
心身の力みを全て捨て去る工夫が必要です。

********************
門人募集中!!無料見学も受付中!!
お問合わせフォームからお気軽にご連絡ください!!
Accepting new members!!
If you are interested in our budo, please contact us!!!!

ツイッター、インスタグラムを開設しました。フォローよろしくお願いします!!
I made the Twitter and Instagram account. Please follow me!!
・Twitter https://twitter.com/kanou_kan_nw
・Instagram https://www.instagram.com/kanoukan.nagoya.nishi/
********************

プロフィール

貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

Author:貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

名古屋で江戸時代から伝わる居合・剣術・柔術を稽古しています。

若い指導者が活気ある道場を目指して指導しています!!

【会員募集中】

【武道未経験者 大歓迎】


Blog of Japanese Kobudo dojo at Nagoya. We practice Iaijutsu, Kenjutsu and Jujutsu which have been succeeded from Edo era.

Accepting new members!!

▽ホームページ / Web site▽
kanoukannagoyanishi.web.fc2.com

Twitter Twitter
Instagram Instagram
Facebook Facebook