FC2ブログ

記事一覧

華やか / Flowery

28(土)の稽古には予定通り女性の門人のご友人が見学に来られました。
若い女性が多く、華やかな稽古となりました(^^)

初めに力みを去って立つ・座る・歩く稽古を。
見学されながら、少し動いてみておられましたが、やはり女性の方が力まず動くのは向いているようです。
しばらく稽古している男性の門人が出来ていないことが普通に出来ていたり(^^;

体に無理のない、体の理に適う自然な動きですから、ある意味「普通の」動きを求めているのですが、力むことに慣れているとそれが普通から遠のいてしまうのです。
力まないことを「普通」にしてゆく工夫が必要です。

次は澁川一流柔術。
棒廻しと半棒術の一本目、二本目を稽古しました。
最近入門された方は四苦八苦(^^;
棒廻しにしろ、半棒にしろ棒は左右の手を入れ替える動きがあるからでしょうか、なかなか手順が覚えられないようです。

まさしく「こんがらがる」という感じで、妙に複雑な動きをされようとしたり。
無理無駄のない動きが武術の目指すところですので、動きの成分をよくよく見てみると結構シンプルなことしかしていなかったりします。

続いて大石神影流剣術。
構え、素振り、試合口を稽古しました。

呼吸に乗せて動くことが大事です。
私は発声の際、喉・胸から声を出してしまい、体を固めてしまう悪癖があり、しばしば館長からご指摘を頂きます。正していかなければなりません。
大きい声を出すことが目的ではなく、肚から出る息に自然に声が乗るのが正しいのです。そのように出来ていれば自然と気合も大きいものとなります。

見学のお二人にも構え、素振り、試合口の一本目を体験して頂きました。


稽古後に「楽しかった」との感想を頂きました(^^)

そうです。武道の稽古は楽しいのです。
先日の坂本龍馬記念館で大石神影流剣術を体験して頂いた皆様の表情からも感じましたが、やってみれば楽しいものなのです。

知らないもの、新しいことを学ぶ楽しみが大きいのではないかと思います。
見学はいつでも歓迎しております。お気軽にご連絡ください!!

********************
会員募集中!!無料見学も受付中!!
お問合わせフォームからお気軽にご連絡ください!!

Accepting new members!!
If you are interested in our budo, please contact us!!!!
********************

入門および復帰 / admission & comeback

土佐行の翌週は通常稽古。

見学の方がいらっしゃいました。
一通りの稽古をご覧頂きながら、澁川一流柔術の棒廻し、大石神影流剣術の構え、素振り、試合口を少し体験して頂きました。

この日は学業のため、しばらく来れていなかった男性の門人が復帰しました。
久々なので、立つ・座る・歩くといった基本の動きをゆっくり稽古してもらいました。
その後、大石神影流剣術の試合口を稽古。どうやら動きは覚えている模様。
家でも少しずつ稽古をしていたとのことです。

稽古後に見学の方に伺ったところ、早速入門したいとのことでした。
これから、よろしくお願い致します(^^)

今週は女性の門人のご友人二名が見学に来られる予定。
どうぞお気を付けてお越しください。

********************
日本の伝統に触れてみませんか?
江戸時代から伝わる古武道、大石神影流剣術・澁川一流柔術を稽古しています。

若い指導者が活気ある道場を目指して指導しています!!
年齢、性別は問いません。 武道・スポーツの経験も要りません。
ただいま会員募集中!!
無料見学も受付中!!お問合わせフォームからお気軽にご連絡ください!!

Wanna know Japanese budo of Edo period?

We practice Oishi Shinkage-ryu kenjutsu and Shibukawa Ichi-ryu jujutsu.
In our dojo, young instructor teach lively and politely.
Accepting new members!!
If you are interested in our budo, please contact us!!!!
********************

土佐行 / Journey to Tosa

先回の続きです。

14日(土)は館長にお連れ頂き、一路土佐へ。
しまなみ海道を通るのは久しぶりです。
雲間から陽光が降り注ぎ、神秘的な情景でした。
巨大なコンビナートもなんだか異世界的です。
20151114_01

もう何年も前、貫汪館の講習会に参加する前日に大三島の大山祇神社へ参詣した時以来です。
宝物館に大太刀が何振りも納められているので、それらを見たかったのです。
この時、行政区分的には愛媛県に上陸していたのですが、四国本島に入るのは今回が初めてでした。

途中、貫汪館顧問の先生とその御門人と合流し、細川家のある地域へ向かいました。

細川家は居合術の先師の御宅です。
以前から館長よりお話を伺い、いつかお会いしたいと思っていた先師の御子孫とお会いすることが出来ました。
伺っていた通りの素晴らしい方でした。

細川様と合流した後、御宅へ向かう前に今後予定されている重要な行事の打合せへ参りました。
私はただ同席させて頂いただけですが(^^;
なんだか、とんとん拍子で話が進んでいきました。
勿論、これまでの館長の御努力が基盤にあるからこそのことだと思います。

無事打合せが出来た後、細川家に上がらせて頂きました。
横浜支部長も稽古日誌に書いておられましたが、まさしく私にとっては聖地です。
古武道を稽古することは出来ても、自分の数代前の先師が実際に暮らしていた場所を訪れる機会はなかなか得られないと思います。

とても稀有な機会に恵まれました。
ありがとうございました。

細川様と別れて高知城へお連れ頂きました。
高知城は本丸の建物がすべて現存する唯一のお城だそうです。
20151114_0220151114_03

今は資料館として利用されている天守にも入りました。
武者隠の間もしっかり残っています。
20151114_0420151114_05

例のあの業はここで使うのです。
しかし、ここにずっと控えて外の様子を伺い続けるのは随分と根気が要りそうです(--;
各藩や時代によって違いはあったのでしょうが、交代の周期はどれぐらいだったんでしょう・・・

次は幕末の藩校「致道館」へ。
といっても残っているのは門とそれに続く塀の一部だけです。
20151114_06

貫汪館で稽古している剣術・居合術の二流派には関係の深い場所です。
幕末、土佐藩では武術の教授は致道館のみに限られたそうで、二つの流派もここで稽古されていました。
感慨深いものがあります。

今は県立武道館の正門になっています。
中の建物は変わってしまっても、武道に関係した場所であるのは嬉しいですね。

いよいよ高知県立坂本龍馬記念館へ。
桂浜に近い坂の上に建つモダンな建物でした。
手前に写っているのが今回のイベント「レッツゴー!ハンド イン ハンド 2015」で重要な役割を務める「シェイクハンド龍馬像」です。
この像と桂浜にある龍馬の像の間、540メートルを大勢の人が手を繋いで結ぶのです。
20151114_07

この日は龍馬記念館のすぐ傍にある有名な国民宿舎「桂浜荘」に宿泊させて頂きました。
20151114_08
夕食は大変豪華なものでした。
美味しかったです。カツオも食べられました(^^)

この日は疲れもあってか、皆さん早めに就寝。

そして翌日15日(日)。
朝から紋付に着替えて「レッツゴー!ハンド イン ハンド 2015」に参加しました。
思いっきり龍馬コスプレの人だと思われましたが、まぁそうなりますよね(^^;

実に普通の黒紋付に黒袴、白鼻緒の雪駄で、よくよく見ると龍馬感はゼロなんですけどね・・・

1020人もの方が参加されたそうです。龍馬の人気は凄まじいですね。
なんとソフトバンクの会長、孫正義氏も。熱心な龍馬ファンだそうです。

ちなみに龍馬は大石神影流剣術の門人ではありません。
龍馬は土佐では剣術・柔術を含む小栗流、江戸に出た時に北辰一刀流剣術を修業しています。
北辰一刀流も剣術・小太刀術・長刀術を含んでいますから、当時の武士の例に漏れず、複数の武術を学んだようです。

龍馬より二十歳年長で親交のあったといわれる樋口真吉が初めて土佐に大石神影流をもたらした人物です。
樋口真吉に関しては館長が研究しておられますので、本部ホームページや『道標』をご覧ください。

樋口真吉がもたらした大石神影流は土佐藩の主要な剣術となり、吉田東洋、後藤象二郎なども直接大石家に入門しています。

今年はその樋口真吉の生誕二百年なのです。
記念すべき年に土佐で大石神影流剣術を演武出来たことに感謝したいと思います。

願わくば、再び高知で大石神影流が盛んになれば良いのですが。
貫汪館の一員として流派の発展に努めていきたいと思います。

演武は午前・午後の二回行わせて頂きました。
20151115_0120151115_02

演武の後には希望者を募って大石神影流の体験をして頂きました。
始めるまでは全然参加してくれないんじゃないかとドキドキしていましたが、なかなかの人数が参加してくださいました。中には演武が始まる前から参加したいと前の方に来られている方もおられました。
20151115_03

坂本龍馬記念館の皆様の素晴らしい働きに感謝したいと思います。
このようなポスターを用意してくださり、演武開始前には館内放送もしてくださいました。
その他、事前の準備にも相当のお力を掛けてくださったのだと思います。
20151115_04


細川様、出雲大社の奉納でご一緒させて頂いた直心影流薙刀術の先生も見に来てくださいました。
武道を通じて素晴らしい方々と御縁が繋がっていくのはとても嬉しいことです。
お越しくださり、ありがとうございました。

最後にお連れ頂いたのは細川家の墓所です。
先師の御墓に御参りさせて頂きました。

とても静かで厳かな場所で、身の引き締まる思いがしました。
これもなかなか得られない機会です。今後の修行の糧を頂いたように思います。

岡山までお送り頂き、そろそろ終電が近い横浜支部長とともに券売機で素早く切符を買って新幹線に飛び乗りました。
自由席にかろうじて座れたものの横浜支部長とは別々に。
いつもの如く撮影したビデオをお見せしようと思ったのですが・・・
とりあえずタブレットPCに移す作業だけすすめていたところ、席が空いたので無事お見せ出来ました。

反省点多数・・・
館長にご指摘いただいた点、ビデオを見て気付いた点、早速稽古で正していかなければなりません。

そうこうしている内にあっという間に名古屋に。
横浜支部長と別れて家路に就きました。

半身 / Hanmi

20151113_0120151113_02

明後日、高知県立坂本龍馬記念館で行われるレッツゴー!ハンド イン ハンド2015という行事の中で貫汪館による大石神影流剣術演武と体験が行われます。
そのために今日から出かけます。

この行事は勿論、坂本龍馬に焦点を当てたものですが、今年は大石神影流剣術にとっても重要な年です。
何故なら大石神影流を初代大石進より学び、初めて土佐に伝えた樋口真吉の生誕200年にあたるからです。
樋口真吉は龍馬より20歳年長で交流があったといわれています。

そのような年に樋口真吉の生地である土佐で演武出来るのは光栄なことだと思います。

----------
さて、先回の稽古にはお仕事の都合でしばらく来られなかった男性の門人が久々に参加されました。

彼が来ない間に入門された女性の門人達とお互い挨拶してもらい、さっそく稽古へ。
立つ、座る、歩く、大石神影流剣術の構え、素振りをしっかりと。その後、試合口を稽古しました。

タイトルにした「半身」ですが、この姿勢を正しく取れるかどうかはとても重要です。
肚を中心に体が開くことによって半身になります。足・膝・腰・肩の開きは一致し、重心は左右の、というよりこの場合は前後の足の真ん中にあるはずです。
しかし、往々にしてどちらかの脚を軸にしてしまい、重心がそちらに偏っていることがほとんどです。
また、剣を動かすときに肚ではなく肩中心で動かしてしまうため、両肩が正対し、上半身と下半身の開きに歪みが生じてしまうこともよく起こります。

肚を中心に動く工夫が大切です。
----------

今週は上述の通り、私が不在のため、稽古はありませんm(__)m
次回は21日(土) 9:30~です!!

********************
日本の伝統に触れてみませんか?
江戸時代から伝わる剣術・棒術などの古武道を稽古しています。

若い指導者が活気ある道場を目指して指導しています!!
年齢、性別は問いません。 武道・スポーツの経験も要りません。
ただいま会員募集中!!
無料見学も受付中!!お問合わせフォームからお気軽にご連絡ください!!

Wanna know Japanese budo of Edo period?

We practice kenjutsu(sword techniques) and other weapon techniques(mainly stick).
In our dojo, young instructor teach lively and politely.
Accepting new members!!
If you are interested in our budo, please contact us!!!!
********************

明治神宮奉納 / performance at Meiji Jingu

11月3日(火・祝)は明治神宮で毎年恒例の古武道大会が行われ、貫汪館も居合術を演武しました。
20151103_0120151103_02


私は今回は見学とビデオ撮影のみでした。
一撮入魂!
まぁカメラ回すだけなのですが(^^;
とはいえ最適なアングルで納めるには色々と工夫が必要なのです。

写真は撮影したビデオ映像から切り出したものです。
20151103_04


演武終了後は先生方、研師の先生と少しお話を。
とても楽しい時間で、それだけでも東京まで出向いた甲斐があります(^^)

直会に出席される先生方と別れて帰途へ。
砥師の先生に案内して頂いて東京の街を少し散策することが出来ました。
いつもは演武を拝見したらすぐにとんぼ返りであまり観光したことがなかったので、色々と見ることが出来てとても楽しかったです。
ありがとうございました(^^)

道中、東京タワーも見れました。
丁度、ビルが取り壊されて出来た隙間から見えたのです。
またすぐ新しいビルが建つでしょうから、この位置からの東京タワーはもう見ることはないかもしれません。
20151103_05

難しい = 楽しい / Difficulty is Pleasure

先日の稽古にもまたまた見学者が来てくださいました。
女性の門人がご友人に紹介してくださったのです。
ありがとうございました(^^)

ご友人にはいつもの稽古を見学して頂き、大石神影流の動きを少し体験して頂きました。
難しいですね・・・とのこと。

現代では考えられない程の稽古を積まれた方、その業をもって生き死にの場に立つことも常に考えていた方の経験や知識の結晶ですから、難しくないわけがありません(^^;
その難しいことを工夫して出来るようになっていくところに武道修行の面白さというか醍醐味があると思います。

簡単に出来てしまうことはつまらないものだったりします。
長く携われるのも武道の良さだと思います(^^)

********************
日本の伝統に触れてみませんか?
江戸時代から伝わる剣術・棒術などの古武道を稽古しています。

若い指導者が活気ある道場を目指して指導しています!!
年齢、性別は問いません。 武道・スポーツの経験も要りません。
ただいま会員募集中!!
無料見学も受付中!!お問合わせフォームからお気軽にご連絡ください!!

Wanna know Japanese budo of Edo period?

We practice kenjutsu(sword techniques) and other weapon techniques(mainly stick).
In our dojo, young instructor teach lively and politely.
Accepting new members!!
If you are interested in our budo, please contact us!!!!
********************


プロフィール

貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

Author:貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

名古屋で江戸時代から伝わる居合・剣術・柔術を稽古しています。

若い指導者が活気ある道場を目指して指導しています!!

【会員募集中】

【武道未経験者 大歓迎】


Blog of Japanese Kobudo dojo at Nagoya. We practice Iaijutsu, Kenjutsu and Jujutsu which have been succeeded from Edo era.

Accepting new members!!

▽ホームページ / Web site▽
kanoukannagoyanishi.web.fc2.com

Twitter Twitter
Instagram Instagram
Facebook Facebook