FC2ブログ

記事一覧

居合の効能 / Effect of Iai

平成26年6月14日(土) / Sat., June 14th 2014

この日は見学者も無く、いつも通りの稽古を。

師匠は正しく動けば体は整う、と仰られます。
貫汪館における正しい動きとは筋力を用いず、自然の働きに任せて生まれる動きです。

人体の構造や重力から生まれる無理の無い動きですので、体が良い状態に導かれるのは自明の理かと思います。
どの形も同じく「正しく動けば体は整う」のですが、最近の私が一番体が整うように感じるのは座して行う居合の形です。

毎日のデスクワークで上半身はいつも強張り気味です。
上半身が固まっていると横隔膜の動きも阻害されるのでしょうか、呼吸も浅くなりがちですが、居合の稽古をしばらく行うとだんだん体が楽になっていき、深い呼吸も行いやすくなるように思います。
座ることで自動的に重心が低いところに位置し、また刀の重さの助けを得られるのも居合の形で体が整いやすい理由かと思います。

そのようなことから最近はまず座して行う居合の形を稽古してから、他の形を稽古するようにしています。

この日も居合の稽古で体が整ったところで、澁川一流の六尺棒、半棒術、そして大石神影流の手数の稽古へと。
一通りの形を行い、稽古を終了としました。


現在、貫汪館 名古屋西支部では門人募集中です!!
年齢、性別、武道・スポーツの経験の有無は問いません。基礎からお教え致します。
興味を持たれた方はホームページのお問合わせフォームよりお気軽にご連絡ください!!

平成26年6月7日(土) / Sat., June 7th 2014

この日は見学者が来られました!!

私より年嵩の男性で剣術に興味があり、道場を探していたそうで、
道場検索サイトで見つけられた、とのこと。

登録しておいた甲斐がありました!!
検索サイトの運営者の方には感謝、感謝です(^^)

お住まいが遠く、またお仕事の都合でなかなか来られそうにないそうですが、一度見学したいとのことでした。

新しく稽古を始められる方には礼法、構え、素振り、などの基本稽古に時間を掛けて頂きますが、次はいつ来られるかわかりませんので、雰囲気だけでも味わって頂こうと大石神影流剣術の試合口五本を体験して頂きました。
また貫汪館の特色たる複数の武術を併行して稽古する、という面を知って頂くため、澁川一流柔術の棒回し、居合(抜刀術)、半棒術をご覧頂き、棒回しも実際に体験して頂きました。

格闘技や真剣での試し切りの経験はおありとのことでしたが、剣術の動きはまったく未知だったそうです。
居合は二尺八寸の居合刀でお見せしましたが、試し切りでは現代居合道などでもよく用いられる二尺二~四寸ほどの刀を用いていたとのことで、刀の長さ・重さにも驚いておられました。

少し休憩を取り、武術談義など(^^)
私達が稽古している武術では一切の力みを捨てて、自然の働きに任せることで生まれる動きを用います(というか、勝手に体が動きます)とお話ししたところ、「年齢的にもガンガン打ち合うような格闘技はしたくなく、そのような動きを習いたくて古武道の道場を探していました」、とのこと。

それなら、私達の稽古はぴったりなのですが、なかなか来られそうにないのが残念です・・・;

もう一度、試合口五本を体験して頂き、最後に大石神影流剣術の陽之表、陽之裏の稽古をお見せして、
この日の稽古を終了としました。

別れ際、また都合が着いたらお気軽にご連絡ください、とお話しして帰路に就きました。

現在、貫汪館 名古屋西支部では門人募集中です!!
年齢、性別、武道・スポーツの経験の有無は問いません。基礎からお教え致します。
興味を持たれた方はホームページのお問合わせフォームよりお気軽にご連絡ください!!

開設!!

稽古日誌を開設しました!!

今後は日々の稽古の様子や行事の報告などをこちらに綴っていきます。
多くの方々に貫汪館を、そして古武道のことを知って頂く一助になれるよう精進してまいりますので、よろしくお願い致します!!

プロフィール

貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

Author:貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

名古屋で江戸時代から伝わる居合・剣術・柔術を稽古しています。

若い指導者が活気ある道場を目指して指導しています!!

【会員募集中】

【武道未経験者 大歓迎】


Blog of Japanese Kobudo dojo at Nagoya. We practice Iaijutsu, Kenjutsu and Jujutsu which have been succeeded from Edo era.

Accepting new members!!

▽ホームページ / Web site▽
kanoukannagoyanishi.web.fc2.com

Twitter Twitter
Instagram Instagram
Facebook Facebook