FC2ブログ

記事一覧

酷暑

8/11(土)

今年はとんでもない暑さの日が続きますね・・・
地面のアスファルトが熱を帯びるとなかなか冷えないのでしょうか、そこら中岩盤浴状態です。
空調の効いた場所から屋外に出た瞬間、違う国にでも来てしまったのかと思いました(--;

この日も大変暑い日でした。
幸い今のところ、皆さん大丈夫そうですが、もし体調が悪くなったらすぐに言ってください。

貫汪館の稽古では決して無理はしません。
無理無駄のない動きを身に付けようとしているのに稽古で無理をしては意味がありませんし、一度体を壊すとしばらく稽古できず、却って上達の妨げになります。
体の状態に気を配り、良い状態に保つのも一つの稽古です。

----------
無雙神傳英信流抜刀兵法
 英信流表

大石神影流剣術
 三學圓之太刀

澁川一流柔術
 四留

体が勝手に働く

8/4(土)

運剣は体に力みがなく、刀の重さに任せれば自然と刀が体の周りを廻り、無理なく頭上に振りかぶることができます。
Iさんが腕力を使い自分で刀を持ち上げる動きをされていたので、切先の重さに任せてくださいとお教えしたところ、すぐに理を理解され、刀が非常に楽に動くことに驚かれていました。

貫汪館の動きはとても楽なものです、と最初にお伝えしてはいるのですが、この「楽」というのは言い換えれば「動いた実感が残らない」ということですので、なかなかイメージしづらいかと思います(^^;

自分で体を動かそう、刀を使おう、とするとこの動きにはなりません。
人の欲は厄介なものですぐに自分で動きたくなるのですが、そのような自分の思いと向き合うことが心の修行になります。
体が「自然に」「勝手に」動くのを待つことを身に付けてください。

----------
無雙神傳英信流抜刀兵法
 英信流表

大石神影流剣術
 三學圓之太刀

澁川一流柔術
 四留

自分の動きを知る

7/28(土)

英信流表の浮雲は極めて難しい形です。
肚を中心とした動きが出来ないと手順を追うことも難しいかもしれません。

ごまかしがきかないので、自分が動けてないことがよくわかると思います。
他の形の稽古も振り返って見てください。

この日はIさんに初めて大小詰をお教えしました。
帯刀した状態で、刀の柄を取りにくる相手に対処する形のグループです。

1・2本目をお教えしましたが、これらも肚で動けなければ形の動きになりません。
力任せに手順を真似ても崩れた雑な動きにしかならず、それでは流派の教えを学ぶことは出来ません。
動きの中心は肚であると常に意識してください。

----------
無雙神傳英信流抜刀兵法
 英信流表、太刀打、大小詰

大石神影流剣術
 三學圓之太刀

抜けるのを待つ

7/21(土)

抜付は体の開きにより自然に刀が抜け、斬る動きもそのまま体が開く動きによってなされます。
右手は肘を使って伸ばすことはしません。体の開きが伝わり走っていく刀と共に自然に動いていき、あるべき所で自然に止まります。

抜けないからといって右手を使ってしまえば、全く異なる動きになってしまいます。
自然に抜け、自然に抜付がなされるのを待ってください。

これは剣術で剣を、柔術で棒を使うときも同じです。
体の中心の働きが得物に伝わるのを待たず、腕力で間に合わせの動きをしてしまうと流派の動きになりません。

自然に動きが生まれるのを待つ、という意識を常に持つようにしていれば、いずれ理解できてくると思います。

----------
無雙神傳英信流抜刀兵法
 英信流表、太刀打

大石神影流剣術
 陽之裏、三學圓之太刀

澁川一流柔術
 半棒

貫汪館古武道講習会

7/14(土)~15(日)

広島の本部の講習会に参加致しました。

無雙神傳英信流抜刀兵法
 太刀打、詰合

大石神影流剣術
 陽之表、天狗抄、三學圓之太刀

澁川一流柔術
 半棒、十手、分童


まだ形を作ってしまうことはあるものの、大分良い動きが出てきていると師よりお言葉を頂戴しました。

五月の京都での演武の際、師のご指導により気付きがあり、それ以降、段々と「回路が繋がる」ような感じがあり、動きが良くなってきている気がしていたので、それが確認出来たのは、大変嬉しいことでした。

形を作ってしまうのは、動きに自信がない時、焦りが出た時、手順をなぞろうとした時、疲れてきて心が浮ついた時、などであることは自覚がありますので、常に心を落ち着けて、いつでも十全の動きが出来るよう稽古を重ねたいと思います。

----------
折からの猛暑でこの日も大変暑い日でした・・・
ちょくちょく長めの休憩を挟み、水分補給をしっかりしたお陰で体調を崩す方はおられず、無事に稽古できました。
本部のご門人が差し入れてくださったアイスクリームはとても美味しかったです(^^)

プロフィール

貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

Author:貫汪館 名古屋西支部長 / Manager of Kan ou-kan Nagoya Nishi Branch

名古屋で江戸時代から伝わる居合・剣術・柔術を稽古しています。

若い指導者が活気ある道場を目指して指導しています!!

【会員募集中】

【武道未経験者 大歓迎】


Blog of Japanese Kobudo dojo at Nagoya. We practice Iaijutsu, Kenjutsu and Jujutsu which have been succeeded from Edo era.

Accepting new members!!

▽ホームページ / Web site▽
kanoukannagoyanishi.web.fc2.com

Twitter Twitter
Instagram Instagram
Facebook Facebook